(その他)

アリーナ千曲のチョット気になる話

2015.08.05

「スペーシア」「スペーシア カスタム」が軽自動車の中で予防安全性能最高得点を獲得!!

スズキ株式会社のステレオカメラ方式の衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」及び「全方位モニター」を搭載した軽乗用車「スペーシア」「スペーシア カスタム」が、JNCAP※1予防安全性能アセスメントにおいて軽自動車の中で最高※2の45.8点(46点満点)を獲得し、最高ランクの評価「先進安全車プラス(ASV+※3)」をスズキ車で初めて獲得しました。

予防安全性能アセスメントは、国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA※4)が自動車の先進安全技術について評価し、結果を公表する制度。前方車両に対する衝突被害軽減制動制御装置(AEBS※5)、車線逸脱警報装置(LDWS※6)、後方視界情報提供装置(バックビューモニタ)の3項目の試験を基に、46点満点の評価点が与えられます。評価点が2点以上の場合には「先進安全車(ASV※7)」として認定され、さらに12点以上の場合は「ASV+」として認定されます。
「スペーシア」「スペーシア カスタム」はこれまでレーザーレーダー方式の「レーダーブレーキサポート」を搭載した機種で「ASV」を獲得していた。今回の「デュアルカメラブレーキサポート」搭載車はLDWS、バックビューモニタの項目でもそれぞれ満点を獲得し、AEBSで32点満点中31.8点の高評価となり、新たに「ASV+」を獲得しました。

  • ※1 Japan New Car Assessment Program
  • ※2 2015年8月現在、スズキ調べ。
  • ※3 Advanced Safety Vehicle +
  • ※4 National Agency for Automotive Safety and Victim’s Aid
  • ※5 Autonomous Emergency Braking System
  • ※6 Lane Departure Warning System
  • ※7 Advanced Safety Vehicle
  • 0

posted by スズキアリーナ千曲  | 2015年8月5日
店舗情報へもどる